カードローンの利息を減らす借り方と返し方を詳しく知ろう

カードローンの利息を減らす借り方と返し方を詳しく知ろう

消費者金融は危ない?

お金に困った時に、カードでサッと借入れできるのがカードローンです。限度額が決められていますが、借入れの残債が限度額を超えなければ、何度でも借入れが可能です。カードローンがあるだけで、急な飲み会の誘い、冠婚葬祭、交際費、うっかり忘れた支払いなど、様々な場面で約に立ちます。

 

 

しかしカードローンの借入れはタダではありません。借りたお金には利息が付きます。特に消費者金融の場合、金利が高いという声はあちこちで聞きます。そのため、消費者金融は危険だ、返済ができなくなる、というイメージを持つ人も多いです。

 

実際、大手消費者金融で借入れをした場合、初めに適用される金利は18.0%が相場です。他の各種ローンと比べても、カードローンの金利は高めに設定されています。

 

しかし、消費者金融でも工夫をきちんとすれば、払う利息を抑えられます。利息を抑える方法はいくつかあります。

 

借入限度額と金利

始めは借入れできる金額もそれ程多くないケースが多いです。そのため、金利も最高金利が適用されるケースがほとんどです。金利は限度額が大きい程下がっていきます。

 

消費者金融でカードローンを契約した時には限度額が決められます。しかし、限度額はずっと一定ではなく、信用によって増額される場合があります。借入に対してきちんと返済を行っていれば、限度額を上げてもらえるのです。限度額の上げ幅によっては、金利が引き下げられる場合もあります。

 

限度額が大きければたくさん借りなければいけないかというと、そうでもありません。例えば限度額が100万円だとしても、借入は好きな分だけ行えばよいのです。それでも金利は、限度額によってきちんと下がります。限度額100万円で5万円借りた場合と、限度額30万円で5万円借りた場合の金利は同じではありません。

 

限度額を上げれば、今までと同じ借入額でも、金利を下げられます。

 

借り換えで金利を下げる

消費者金融のカードローンを利用していて金利が気になるならば、銀行へ借り換えをするという手段も取れます。一般的には消費者金融よりも銀行の方が、審査が厳しいと言われています。しかし、消費者金融で借入れと返済をきちんと行っていれば、それが実績として評価される場合もあります。

 

そして、銀行の方が金利は低い傾向にあります。

 

消費者金融のカードローンを銀行へ借り換えるだけで、金利が大幅に下がる可能性があります。中には借り換えに力を入れている銀行もあります。イオン銀行や東京スター銀行、オリックス銀行なども借り換えにも力を入れている銀行の一部です。

 

東京スター銀行の場合には借り換え専用となるローンを用意していますが、イオン銀行やオリックス銀行は通常のカードローンを利用して借り換える形となります。借り換えを行う際にはいくつかの注意点もあるので、オリックス銀行で借りる場合であるなら借り換えとして使うオリックス銀行を確認してください。

 

返済額を増やす

払う利息を抑える方法として、毎月の返済額を増やすのは、効率的な手段の1つです。利息は借入額ではなく、借入残高に対してかかってきます。毎月返済をしていくほど借入残高が下がっていくので、通常かかる利息は段々と減っていきます。

 

毎月の返済額を増やせば、借入残高の減りも早くなります。複利的にかかる利息も減っていくので、返済総額に大きく差が出ます。また、ボーナスなどの臨時収入を追加返済に回すのも、有効な手段です。

 

かかる利息が少ない例として、給料日後にまとめて完済するという方法があります。例えば消費者金融のプロミスの最高金利は17.8%です。しかし、初回借入時は30日間無利息のサービスを受けられます。

 

例えば緊急でお金が必要で、10万円借りたとします。給料日後にまとめて返済すれば、利息を全く払わずに完済できます。無利息期間でなかったとしても、数日で完済してしまえば、利息はほとんどかかりません。

 

それが通常の返済の場合、プロミスで10万円借りると毎月の返済額は4,000円です。ずっと4,000円で返済していくと、返済総額は125,864円、25,864円も利息を払う計算になります。返済額を増やすのがどれだけ効果的かがわかります。

 

プロミスの返済に関しては店舗でも相談ができるため、わからない部分があれば早い段階で店舗が設置されている大宮のプロミスを利用するなどした方が良いです。

MENU