返済が間に合わないとき

カードローンの借入後は、毎月返済があります。例えばプロミスで30万円借りた場合、毎月11,000円の返済が必要になります。生活が順調ならば返済も順調にいくでしょう。しかし、時には返済が辛い月も出てくるかもしれません。だからカードローンの利用は、計画的に行わなくてはいけません。

 

カードローンの返済が間に合わない時には、そのカードローンで借入れをしてしまうという方法があります。

 

例えば急な冠婚葬祭で11,000円の返済が間に合わない時に、プロミスのカードで1万円借りてしまうのです。それを使って返済しても、ルール違反にはなりません。借入残高は増えてしまいますが、返済1回分を飛ばしたような感じになります。

 

もちろんこのやり方を多用していてはいつまでたっても返済の目途がたちません。いざという時の手段と心得ておきましょう。

 

もしもすでに限度額いっぱいで、さらに返済に困った場合、プロミスで借りて返済に回すという方法は使えません。だからといって、他社で借りるような真似は絶対にすべきではありません。返済先が2社に増えると、返済の負担は2倍になってしまいます。

 

どうしても足りない時には、カードローン会社に正直に相談するのがよいでしょう。どうしても間に合わなければ、その月の返済を利息分だけにするなど、相談に応じてくれる場合もあります。

 

相談をする際には店舗を利用する場合や、コールセンターに連絡をする方法があります。ただ、店舗が設置されていないモビットの場合には問い合わせやWeb上の会員専用メニューか電話となるため、詳しくはモビットの必要条件でご確認ください。