銀行は本当にお得なのか

カードローンを比較する時によく言われるのが、銀行のカードローンがお得だという話です。消費者金融と比べて、金利は銀行の方が低い傾向にあります。だから銀行のカードローンの方がお得だという話になります。

 

しかし、金利が低ければ本当にお得かどうかは、実際に利用してみないとわからない部分があります。まず消費者金融には、無利息期間のサービスが付くケースがあります。特に返済期間が短い場合、金利によるお得さよりも無利息期間によるお得さが大きい場合もあります。長期的に利用するならばやはり銀行がお得ですが、短期の利用であればその限りではありません。

 

そして、銀行のカードローンでも消費者金融のカードローンでも、毎月の返済額には意外と差があります。例えばプロミスで5万円借りた場合、毎月の返済額は2,000円からでOKです。借入額が少ない場合には返済額も小さいのは、消費者金融のメリットの1つです。

 

ところが銀行によっては、5万円の借入れでも毎月10,000円の返済を求められる三井住友銀行カードローンの返済金額のような内容もあります。こうなってくると、借入れの便利さよりも毎月の返済の負担の大きさが気になる人もいるでしょう。

 

もちろん返済額が多い方が、利息も早く減るのでお得に利用ができますが、消費者金融では大目に返済するのも自由です。返済が2,000円も10,000円でも自由というのは、大きなメリットとなります。